beauty

バストを大きくする

多くの女性は豊かなバストに憧れを持っています。なので、小さな胸がコンプレックスだというような女性が豊胸手術などを受けて豊かなバストを手に入れることが出来るようになっています。ここでは、その豊胸手術について紹介します。

READ MORE

豊胸手術を考える

豊胸手術はバストにボリュームを出したり、左右の大きさを整えたりすることができる美容整形のひとつです。シリコンを入れる方法や脂肪を入れる方法、ヒアルロン酸を入れる方法など、豊胸手術にも様々な種類があります。

READ MORE

方法と注意

女性らしいバストを手に入れるだけでみるみる自信がつきますよ。豊胸手術をしてスタイルアップを目指しませんか?

人体に無害なインプラント

豊胸手術とは小さなバストを外科的手術や注入法などによって希望のサイズだけ大きくすることを言います。豊胸用のインプラントを胸の中に埋め込むバッグプロテーゼ挿入、脂肪を入れる脂肪注入法、ヒアルロン酸を入れるヒアルロン酸注射などがあります。 昔の豊胸手術で使用されていた豊胸用インプラントは質が悪く、胸の中で破裂したり、移動して垂れさがったりといったトラブルがありました。しかし、最近の豊胸用インプラントは技術開発が進み、とても高品質で安全性が高いものになっています。人体に無害な素材が開発されていて、ちょっとのことでは破損しない耐久性があります。そのため、昔よりも安全に豊胸手術ができる時代になっています。

手術をするときの注意点

豊胸手術が安全にできる時代になっているとはいえ、手術であることには変わりはなく、手術である以上リスクが伴います。豊胸用インプラントを使用して行うバッグプロテーゼ挿入による豊胸手術を受けたあとには、バストの形が自然になるようにマッサージをする必要があります。マッサージを怠ってしまうとバストが固くなってしまう恐れがあります。 ヒアルロン酸注射は入れる量に限界があります。ヒアルロン酸注射は基本的にワンカップほどサイズアップしたいときにお勧めです。それ以上の大きさにしたい場合は豊胸用インプラントをする必要があります。ヒアルロン酸は1年ぐらいで消化されてしまうので、持続性を求める場合も豊胸用インプラントがお勧めです。

手術の種類と現状

胸を大きくする豊胸手術には豊胸バッグを使う方法やヒアルロン酸を入れる方法、脂肪細胞を注入する方法などがあります。豊胸バッグを入れてさらに自分の脂肪細胞も注入するハイブリッド豊胸手術というのもあります。

READ MORE